口コミを参考にコラーゲンサプリを購入しましょう

ウーマン

目から全身の不調へ

目頭押さえる人

パソコンで疲れ目が急増

疲れ目には様々な原因がありますが、ここ数年増えているのが長時間パソコン画面を凝視することで起こる眼精疲労です。目のピント合わせには毛様体筋という眼球の筋肉が使われます。長時間パソコン作業で近い距離ばかりにピントが固定されると、毛様体筋の緊張状態が続きます。筋肉は動かさずに固定したままだと、肩凝りと同じで極度に疲労しますが、パソコンによる眼精疲労は毛様体筋の凝りのようなものです。脳に伝わる情報の約8割は目から入ります。それほど酷使されている目がパソコン、スマホでさらに疲労を増長させると、頭痛、不眠、めまい、自律神経の乱れなど、様々な体の不調を引き起こすため、早めの対策が必要です。食事など基本的なことは眼精疲労の予防にはとても重要です。目に良い栄養素は美肌にも効果があるので積極的に取り入れましょう。最近話題の栄養素、ルテインは、ほうれん草やブロッコリーに含まれる抗酸化成分で、モニターの光源となるLEDに含まれる青色光(ブルーライト)から目を守ると言われています。人間の体では網膜に含まれ、食事から多く摂取すると網膜のルテイン量も増えるので、眼精疲労予防に有効です。人参などの緑黄色野菜に豊富に含まれるβカロテンは、目の粘膜を保護し、ドライアイを予防します。かすみ目などが気になる人にも有効な成分です。ただ、毎日3食まんべんなくこれらの栄養を十分に摂るのは難しいかもしれません。そんな時はサプリメントで補っても良いでしょう。