口コミを参考にコラーゲンサプリを購入しましょう

ウーマン

整腸剤として使われる菌

女の人

危険な副作用はない

枯草菌は味噌や醤油のもろみに存在する細菌です。自然界に広く分布しており、熱に強いなどの特徴を持ちます。病原性はなく安全性もとても高いです。そのため安全に動物の腸内まで届けることができ、またそこで活性化させることができるために整腸剤としても利用・販売されています。もし枯草菌入りの健康食品を使うとして、菌を飲むのに抵抗があるかもしれません。そうした方は枯草菌の副作用を知っておくと安心できるでしょう。まず知っておくべきことは、危険な副作用はないということです。前述のように病原性がありませんから、健康食品として摂取しても危険はありません。ただし、下痢気味になることは考えられます。それは枯草菌のもつ整腸作用のためです。具体的には、枯草菌は腸内の乳酸菌などの善玉菌をサポートする能力を持ちます。そのため腸を綺麗にし、ぜん動運動を活発化させることに繋がります。この流れは便の排出の促進となるのですが、人によっては下痢になることもあり得ます。しかしこれは一過性のものであり、しばらくすれば収まります。その後は適切な整腸作用をもたらすようになり、適度なペースで便通が起こるようになるはずです。そもそも枯草菌は下痢や便秘にも効果があるとされており、腸の調子を高める総合的な作用を持ちます。すなわち最初に枯草菌により下痢になったとしても、同じく枯草菌により治るということです。以上のように、副作用が全くないとは言えないまでも一過性のものという認識を持っておけば十分でしょう。